梨状筋症候群

  • 座っていると痛みが出る
  • 痛みだけでなく足に痺れが出る
  • 前屈みになると痛みが強くなる
  • 歩きでも腰が痛くて辛い
  • 臀部の痛みで日常生活を送るのが辛い

もし上記のような症状があれば、まずご相談ください。
「そこまで強くないから。」
と言って放っておくと、痛みが強くなり日常生活を送れなくなるほどに

そうなる前に、江戸川区、篠崎駅周辺の方は一度篠崎北口はりきゅう整骨院にお任せください!

梨状筋症候群とは?

ます梨状筋症候群とは、
お尻の筋肉、【梨状筋】が、坐骨神経を緊張によって挟み込んでしまい
・痛み
・痺れ
・麻痺
・運動障害
などを起こしてしまう状態です。

 

 

梨状筋とは…
骨盤の仙骨から大腿骨大転子に付着する筋肉です。
主に作用としては下肢を外側に向ける外旋や開く外転作用が主になります。
支配神経は仙骨神経叢が支配しています。

 

梨状筋症候群の原因

梨状筋症候群の原因には様々な要素があります。

篠崎北口はりきゅう整骨院では。

篠崎北口はりきゅう整骨院では、

梨状筋という深部の筋肉を緩めるために

i-care式筋膜リリーステクニックi-care式トリガーポイント鍼i-care式骨盤矯正などを行います。

 

そして梨状筋を圧迫してしまう理由として姿勢の悪さが関係いたしますので、

骨盤周りの筋トレ【EMS】猫背矯正などで姿勢の悪さにアプローチいたします。

 

深部を緩め、骨盤周りの筋肉を鍛え、姿勢を整えると状態の回復が見込めてきます。

 

デスクワークや長時間の異動による痛みや辛さなどお困りでしたら、

是非とも篠崎北口はりきゅう整骨院にご相談いただければと思います。